分収林の歩み

1966(昭和41)年 5月1日 財団法人山口県林業公社設立
県庁内に公社事務所(本社)設置 職員4名で業務開始
第1期造林計画(S41~60 10,000ヘクタール)
5月6日 設定登記完了
5月13日 第1回理事会開催 開所式挙行
7月9日 公社造林契約申込第1号受付(小郡町上郷)
1967(昭和42)年 3月24日 公社設立記念植樹行事を徳地町で実施
1968(昭和43)年 4月9日 明治100年記念植樹祭が鹿野町大潮の公社造林地で開催
1970(昭和45)年 6月1日 公社監守員制度を設置
1975(昭和50)年 4月1日 公社事務所(本社)を2課制から2部3課制に改組
公社組織規程の一部改正により6支所を設置
1976(昭和51)年 3月31日 造林5,000ヘクタールを達成
4月20日 公社設立10周年記念植樹行事を旭村で実施
1980(昭和55)年 6月10日 公社事務所(本社)を県庁内から山口総合庁舎内に移転
1984(昭和59)年 12月14日 森林整備法人の認定
1985(昭和60)年 9月3日 公社事務所(本社)を山口県庁分庁舎内に移転(県立図書館)
1986(昭和61)年 3月31日 第1期造林計画10,000ヘクタールを達成
4月1日 第2期造林計画(S61~H12 3,000ヘクタール)
11月1日 公社設立20周年記念誌を発行
1990(平成2)年 4月1日 公社監守員制度を廃止し、造林地巡視業務を委託
新規分収造林契約存続期間を50年から70年に変更
1997(平成9)年 3月31日 公社設立30周年記念誌を発行
1998(平成10)年 4月1日 6支所のうち3支所を本社へ統合廃止
1999(平成11)年 4月1日 (財)山口緑化推進財団、(財)二十一世紀の森管理財団が統合し、(財)やまぐち森と緑の公社となるとともに、6支所のうち3支所を廃止
既分収造林契約存続期間の延長(80年)協議開始
2000(平成12)年 4月 県新規貸付条件の見直し(固定金利から公庫連動等)
2001(平成13)年 3月31日 第2期造林計画3,000ヘクタールを達成
4月1日 第3期造林・保育事業計画(H13~22 新植はH16年度まで)
新規分収造林契約存続期間を70年から80年に変更
新規分収造林契約分収割合を6割から7割に変更
7月 包括外部監査を受け、経営の改善を指摘
2002(平成14)年 4月 第1次経営改善計画(H14~18)の取組開始
2004(平成16)年 4月1日 (財)山口県農林開発公社、(社)山口新規就農支援センターと統合し(財)やまぐち農林振興公社となるとともに、3支所を廃止
県新規貸付金の無利子化
2007(平成19)年 4月 第2次経営改善計画(H19~23)の取組開始
7月 公社事務所(本社)を山口県葵庁舎内に移転
2013(平成25)年 4月 公益財団法人認定
第4期分収造林事業計画(H25~R4)
2014(平成26)年 4月 分収造林事業経営改善計画(H26~30)の取組開始
第4期分収造林事業計画(改訂)
2015(平成27)年 4月 既分収造林契約分収割合の変更(6割から7割)協議開始
2016(平成28)年 4月 第1期分収林施業・管理委託業務の取組開始(5ヶ年)
2019(平成31)年 4月 分収造林事業経営改善計画(H31~R5)の取組開始
2021(令和3)年 4月 第2期分収林施業・管理委託業務の取組開始(5ヶ年)