やまぐち農林振興公社トップページサイトマップ
トップページ新たな森林づくり≫分収造林契約について:Where?(どこ)
新たな森林づくり
5 Where?(どこ)
 ●どんな場所に造林しているのか?
 契約を行う前に、まずその山の調査を行っています。
 スギやヒノキには、それぞれ生育に適した土壌がありますので、数カ所で穴を掘り、その山の土の様子を確認します。
 また、植えた後の森林の手入れが行いやすいことが望ましく、車道からの距離が近いことや、山の傾斜が比較的ゆるやかであることなどが条件となります。
 道に関しては、契約後も公社で森林の中に道をつくるなどして、より良い環境整備に努めています。
 その他、契約地同士をなるべく近接させ、1つの大きなまとまりとして森林整備が行えるよう努めています。

表-1 市町別契約面積

市町
件数
 (件)
現契約面積
    (ha)



岩 国 市
310
1,705.11
柳 井 市
23
142.23
周防大島町
17
41.38
田布施町
1
10.79
平 生 町
1
25.17
352
1,924.68


下 松 市
10
102.60
光  市
7
41.39
周 南 市
308
1,610.81
325
1,754.80


山 口 市
296
2,481.97
防 府 市
19
132.68
宇 部 市
2
20.19
萩  市
4
72.19
321
2,707.03
 

市町
件数
 (件)
現契約面積
    (ha)


宇 部 市
14
96.17
美 祢 市
241
1,335.39
山陽小野田市
20
164.72
長 門 市
1
30.17
276
1,626.45


下 関 市
289
1,835.62
長 門 市
140
1,427.09
429
3,262.71
萩  市
326
2,244.10
阿 武 町
54
722.50
380
2,966.60
合計
2,083
14,242.27
(平成29年3月31日)
 
図-8 地区別契約面積
図-8 他地区別契約面積
トップページ新たな森林づくり≫分収造林契約について:Where?(どこ)
前に戻る   トップページ