やまぐち農林振興公社トップページサイトマップ

トップページ新たな森林づくり公社が目指す新たな森林づくり

新たな森林づくり
 ●公社が目指す新たな森林づくり
・基本目標
 当公社は、公益財団法人への移行や従来の経営収支の観点を踏まえ、県が策定した「やまぐち森林づくりビジョン」を基本に、 県土の保全及び水源かん養等公益的機能に配慮した森林整備と持続可能な森林経営を確立するため、新たな森林づくりを目指します。
・展開方向
 皆伐施業によって生ずる森林の一時的裸地化を防止し、森林の持つ公益的機能の維持・増進を図るため、長伐期非皆伐施業へ転換し、健全で多様な森林づくりを推進します。
・森林の整備手法
 標準伐期齢を迎えたスギ・ヒノキ人工林の皆伐を避け、長伐期施業(分収造林契約を80年まで延長)を導入し、利用間伐を繰り返しながら、契約満了時には天然更新による広葉樹林化や針広混交林化に誘導します。
トップページ新たな森林づくり公社が目指す新たな森林づくり
前に戻る   トップページ