先輩の体験談

経営の概要

経営規模 ビニールハウス: 2,200m2
栽培品目
  • トマト(品種: 麗夏)
  • ワサビ
販売方法 共販
労働力 本人、祖父母

就農までの経緯と就農の動機

  • 小さい頃から5月の田植えと9月の稲刈り時に母方の祖父母の手伝いをしていて自然と農業に興味を持った。
  • 県外の高校に進学し、農業関係の仕事に就きたいと考えていて県立農業大学校に進学した。
  • 農大1年生の時は農協職員を目指していたが、2年生の時に阿東町内のトマト農家で1ヶ月研修を行い、祖父の農地があったのでトマト農家となることを決意した。

主な取り組みと今後

  • 農地や農業機械は祖父より借入し、ハウスはJAリースで整備した。
  • ヘリコプター防除や稲刈り時のオペレーターも行っている。
  • ハウスの増棟と、農地の円滑な委譲を考えている。

今後、就農される方へのアドバイス

  • 就農のための基盤や受け皿がないところにいきなり就農するのは難しいと思います。
  • 農業をする場合は地域での人間関係をうまく構築し集落になじむことが重要です。
  • 地域に溶け込むためには、積極的に近くの農家などと交流をすることです。
先輩の体験談一覧に戻る
このページのトップに移動する