先輩の体験談

経営の概要

経営規模 パイプハウス: 33a、露地: 117a
栽培品目
  • 畑わさび
  • 秋冬キャベツ
  • オクラ
  • 夏秋ナス
  • バラ
販売方法 加工業者、JA、直売所、仲卸など
労働力 本人、妻、短期雇用パート(予定)

就農までの経緯と就農の動機

農業大学校で花卉を専攻し、ストック、露地・施設菊栽培を学びました。

在学中や卒業後、県内外での2年間の農家研修などで、薔薇、レザーリーフファンを学び、基礎的な花卉生産の知識や栽培技術を習得し、就農を決意しました。

パイプハウスなどの施設については、JAのハウスリース事業の活用や中古ハウスなどを購入し順次規模拡大を図っています。

主な取り組み・今後について

錦農村後継者クラブに入会し、地元の農家との連携や地域活性化活動、技術や経営力向上のための研修会など地域と密着し、相互協力しながら発展する経営を目指し日々努力してます。

また、現在は近い将来のJGAPの取得や継続的な雇用に向けた体制整備を進めています。

先輩の体験談一覧に戻る
このページのトップに移動する