よくあるご質問

  1. 農業を始めたい。

    夢や憧れでは農業はできません。受入地域の人達も応援しますが、就農者ご本人が農業の厳しさを承知した上で、専業農家として自立する強い意志が最も大切です。

  2. 何を栽培したら良いのか迷っています。

    就農する地域によって異なりますが、各地域には4~5品目程度のお奨め作物があります。この中から選べば周囲に同じ作物を作る人達がおられますので、経営や技術の習得に便利です。

  3. 農地や住宅が心配です。

    農地や住宅の賃貸・取得は、受入の市町や農業協同組合等が交渉のお手伝いをしてくれます。就農するときは農地も住宅もはっきりした状態で転居できるよう相談に応じています。

  4. 農地の賃貸や取得で注意することは何ですか。

    農地の賃貸や取得は市町の農業委員会の許可が必要です。新規就農者であるからという理由で許可されないということはありませんが、この許可に当たっては、ある一定の要件を満たす必要があります。

  5. 農業技術や経営の研修を受けたい。

    農業大学校や先進農家等で研修計画に沿って研修を受けることができます。また、就農初期には農業里親が付き、生産や生活面での相談にあたります。

  6. 経営開始の資金が心配です。

    経営を開始してから安定した収入が得られるまでの、生活費を用意する必要があります。また、経営開始時には作目の種類にもよりますが、かなりの資金が必要となります。不足する場合は制度資金を借り受けることもできます。

このページのトップに移動する